サポート体制

サポート体制をグローバルに展開

「最良の製品をお客様に提供する」ための体制を強化

千住金属工業の営業方針は、開発部門と営業部門が一緒にお客を訪問し、即時に課題を解決することです。技術者が同行して、お客様の技術的な要請・要求や情報を的確に把握し、提案や共同開発の企画を含めた技術サポートをグローバルに展開しています。ニーズに合った一歩先を行く製品の提供で、多くのお客様から満足を頂いております。

ハンダテクニカルセンター

単に鉛フリー化するだけではなく、イノベーションを創出したい

単に鉛フリー化するだけではなく、イノベーションを創出したい

はんだ材料に関する全ての要求を「開発改良依頼書」にまとめ、訪問同行・試作対応・評価分析・導入試験などに分類し、毎月100件を超えるお客様の要請に応えています。また、訪問同行ではお客様の生の声を聴き、適切な提案を即時に行うことで、課題を早期に解決したり、共同開発テーマの企画立案も行っています。独自の視点を持つ10チーム程の開発メンバーは、お客様の要望にあった提案ができるよう、日々研究に励んでいます。

FAテクニカルセンター

はんだ材料と装置の技術者が、新たなソリューションを提供

はんだ材料と装置の技術者が、新たなソリューションを提供

真空リフロー炉など、新製品が開発されるたびに多くのお客様が本社ショールームを訪れ「自社製品の仕様に適合できるか」の実証実験を行い、満足して装置を購入いただいています。また、多くのスタッフは、はんだ付けセミナーの実施、実装工程診断とアドバイス、装置の改善改良など、お客様のご要望に的確に応えています。更に、材料メーカーの強みを生かした具体的なソリューションが提案できる強力なサポート体制は、お客様に大変満足頂いています。

軸受製造・研究部

現場で現物を見ながら技術サポート

現場で現物を見ながら技術サポート

すべり軸受は、自動車など高品質を要求する製品に採用されており、開発部門だけでなく、品質保証部門からの要請も増え、フリクション試験機、油圧ベンチ試験機、摩擦摩耗試験機など、すべり軸受の品質を評価できる優れた設備で技術サポートを行っています。お客様の工程変更による製品への影響調査では、訪問して現場で現物を見ながら、現象に最適な提案を行っています。

株式会社 産業分析センター

産業分析センターは1972年に千住金属工業が設立し、化学物質や工業材料、水・大気・土・アスベストの分析・測定サービスなどを提供。安全な生活環境を守るためのお手伝いをしています。

千住スプリンクラー株式会社

千住スプリンクラーは、人命と財産を火災から守るために不可欠な消火用スプリンクラーにおいて、日本国内で70%のシェアを誇る会社です。スプリンクラーの心臓部に使われるはんだ材料の供給を千住金属工業より受け、また最新の機能デザインにより、社会の安全維持に貢献しています。

SENJU SPRINKLER ロゴは、千住スプリンクラー株式会社の商標または登録商標です。