SMICグループCSR基本方針

基本方針

当社は「経営の理念」を基に、関係法令を遵守の上、顧客、従業員、株主、取引先、地域住民、金融機関、政府等のステークホルダーに対し、常に誠実な関係を維持することを基本方針とし、「最良の会社」を目指し次の活動を展開します。

人権・労働

1.関係法令を遵守の上、基本的人権を尊重し、差別的な取扱いを行わないほか、児童労働、強制労働を用いません。

2.従業員の個性を尊重し、人種、宗教、性別、国籍、心身のハンディキャップ、年齢などの理由による差別や、暴力行為、ハラスメントなど人格を傷つける行為を認めません。

3.従業員と適切なコミュニケーションをとり、労働環境の向上に努めます。

安全衛生

1.労働基準法、労働安全衛生法等関係法令に基づき安全衛生活動の充実を図り、快適かつ衛生的な職場環境の形成を促進します。

2.安全衛生管理体制を確立し、労働災害を未然に防止するために、必要な措置を安全衛生委員会等の組織により積極的に推進します。

3.緊急時に備え、適切な準備をおこないます。

4.従業員は法令及び会社が定める規則を遵守し労働災害防止と健康保持増進に努めます。

環境

1.環境関連法規制を遵守すると共に、必要に応じて定める自主管理基準の達成をめざします。
又、地域との環境に関する協定等の約束事項を遵守します。

2.事業活動の中で、特に環境に与える影響が大きい次の項目を重点テーマとして定めます。
  1)省エネルギー・省資源化及び温室効果ガスの排出削減の推進
  2)廃水の適切な管理および、廃棄物排出量の削減
  3)特に定める化学物質使用量の低減
  4)危険物の特定と、適切な取り扱い

3.地球上の野生生物・森林・海洋などの生態系を保全し、生物の多様性を確保するために、植林など自然保護活動に努めます。

4.地域社会とのコミュニケーションを図り、人と自然にやさしい町づくりに協力して行きます。

公正取引・倫理

1.関係法令を遵守し、顧客・供給者に対し公正で自由な競争を行い、良識ある企業間取引を行うと共に、誠実かつ公正な企業活動を遂行します。

2.自社及び顧客の営業秘密を適切に管理するための体制および環境を整備し、運用・維持します。

3.会計情報を正確に記録し、不適正な会計処理、誤解を招く会計報告を行いません。

4.輸出入業務にあたっては、輸出入関連の法令を遵守します。

5.第三者の知的財産権を尊重し、侵害または不正使用を行いません。

6.社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは関係を持ちません。

7.贈収賄など不適切な利益を目的とした行為を禁止し、不正腐敗の防止に努めます。

8.紛争、テロに加担する個人や団体との取引を禁止し、紛争鉱物の不使用を徹底致します。

9.内部告発が行えるよう適切な手段を準備します。

品質・安全性

1.関連法規制及び顧客要求を遵守し、品質や安全性に配慮した製品・サービスの供給を通して顧客満足の向上を図ります。

2.定められた品質マニュアルに従って、品質マネジメントシステムを構築し、実施し、維持するとともに、その有効性を継続的に改善します。

3.品質方針・品質目標を定めて活動するとともに定期的にまた必要に応じてレビューし、マネジメントシステムの改善の機会(間隔、頻度、場面)についての評価も行います。

4.品質マネジメントシステムの変更の必要性も評価し、変更が必要な場合は、経営の理念に照らして適切性を維持するためにレビューします。

情報セキュリティ

1.コンピュータ・ネットワーク上の脅威に対する適切な防御策を講じるとともに、自社及び他者に被害を与えないように管理・保護します。

2.顧客・第三者・自社従業員の個人情報の紛失及び漏洩等を防止するために適切に管理・保護します。

3.顧客や第三者から受領した機密情報の紛失及び漏洩等を防止するために適切に管理・保護します。

4.良識ある社会人として、ソーシャルメディアの適切な利用に努めます。

社会貢献

1.地域社会および関係業界と交流を図り、地域及び諸団体の活動に積極的に参加します。


代表取締役社長 鈴木 良一